10/01 18:58

アングル:「安心感」消えた円債市場、進まぬ円高が警戒感強める

円債市場から「安心感」が消えた。以前はマイナス金利の国債を買っても、日銀がより低い金利(高い価格)で買い取ってくれるという安心感が投資家にあった。しかし、日銀がオペの減額や見送りを示唆する中で、警戒感が広がり始めている。円金利上昇にもかかわらず円高が起きないことも大胆なオペ減額を想定させる要因だ。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。