08/30 15:32

ドル106円前半、調整売りや米長期金利低下受け下落

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の106円前半。月末の実需筋の売買をこなしたドルは一旦106円半ばまで強含んだが、午後に入って米長期金利の低下に連れ安となったほか、北米市場の3連休を控えた調整売りにも押された。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。