07/19 18:17

東京マーケット・サマリー(19日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/19 15:41

ドル107円後半、NY連銀の異例のコメントで反発

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の107円後半。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁の発言でNY市場ではドル安となっていたが、同連銀が政策に関するものではないとする異例の発表をしたことで、早朝の東京市場ではドルが買い戻された。買い一巡後にドルは107円半ばでこう着状態となったが、終盤には欧州勢がドル買いで参入し、107円後半に上昇した。

07/19 15:41

ドル107円後半、NY連銀の異例のコメントで反発

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の107円後半。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁の発言でNY市場ではドル安となっていたが、同連銀が政策に関するものではないとする異例の発表をしたことで、早朝の東京市場ではドルが買い戻された。買い一巡後にドルは107円半ばでこう着状態となったが、終盤には欧州勢がドル買いで参入し、107円後半に上昇した。

07/19 11:54

焦点:参院選後に円高懸念、対米通商交渉で思惑 ドル売り介入説も

7月21日の参院選後、外為市場で円高が進むのではないかとの観測が広がり出した。来年の再選を目指すトランプ米大統領が、いよいよ対日通商交渉に本腰を入れ、同時に円安けん制姿勢を強めるとの見方だ。大統領が繰り返しドル高に不満を示していることから、米国がまさかの「ドル売り介入」に踏み切る可能性があるとの思惑まで浮上している。

07/19 11:54

焦点:参院選後に円高懸念、対米通商交渉で思惑 ドル売り介入説も

7月21日の参院選後、外為市場で円高が進むのではないかとの観測が広がり出した。来年の再選を目指すトランプ米大統領が、いよいよ対日通商交渉に本腰を入れ、同時に円安けん制姿勢を強めるとの見方だ。大統領が繰り返しドル高に不満を示していることから、米国がまさかの「ドル売り介入」に踏み切る可能性があるとの思惑まで浮上している。

07/19 04:13

米、為替安定化基金の方針で変更なし=財務長官

ムニューシン米財務長官は18日、為替介入などに利用される為替安定化基金(ESF)の方針を巡って変更はないとの認識を示した。

07/18 18:15

東京マーケット・サマリー(18日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/17 18:19

東京マーケット・サマリー(17日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/17 18:19

東京マーケット・サマリー(17日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/16 18:21

東京マーケット・サマリー・最終(16日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/12 23:05

ECB、景気上向かなければ数週間以内に追加策検討=伊中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は12日、ユーロ圏の景気が上向かなければECBは追加緩和策を打ち出す必要があり、「数週間以内に」取り得る手段を検討するとの見解を示した。

07/12 19:04

東京マーケット・サマリー(12日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/11 18:12

東京マーケット・サマリー(11日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/11 15:41

ドル108円付近、1週間ぶりに108円割れ

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108円付近。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言や6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けたドル安の流れが続く中、地政学リスクの高まりを意識した円買いも加わり、ドルは1週間ぶりに108円を下回った。

07/10 18:16

東京マーケット・サマリー(10日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/09 18:11

東京マーケット・サマリー(9日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/09 15:59

ドル一時108.89円、1ヵ月ぶり高値

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ同水準の108円後半。海外市場で買われた流れを引き継ぎ、一時108.89円と5月31日以来、約1カ月ぶり高値をつけた。

07/09 12:28

正午のドルは108円後半で5週間半ぶり高値圏

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場終盤に比べ若干ドル高/円安の108.82/84円と、5月末以来5週間半ぶりの高値圏にある。

07/09 06:22

ドル3週間ぶり高値近辺、FRB議長の議会証言に注目=NY市場

ニューヨーク外為市場ではドルが小幅高となり、約3週間ぶりの高値近辺で推移した。前週発表の6月の米雇用統計が堅調だったことで連邦準備理事会(FRB)が今月の会合で大幅な利下げに踏み切るとの観測が後退した流れが続いている。

07/08 18:11

東京マーケット・サマリー(8日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/08 15:20

ドル108円前半、上昇一服

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の108円前半。海外市場で強まったドル買いの流れは一服、東京市場は売買が交錯した。

07/08 12:08

正午のドルは108円前半、イラン巡る緊張続き伸び悩み

正午のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ若干ドル安/円高の108.40円付近。

07/06 06:23

NY市場サマリー(5日)

6月の雇用統計では、非農業部門の雇用者数が22万4000人増と5カ月ぶりの大幅な伸びとなり、ロイターがまとめたエコノミスト予想の16万人増を上回った。[nL4N2462NY]

07/06 06:23

NY市場サマリー(5日)

6月の雇用統計では、非農業部門の雇用者数が22万4000人増と5カ月ぶりの大幅な伸びとなり、ロイターがまとめたエコノミスト予想の16万人増を上回った。[nL4N2462NY]

07/06 06:20

米雇用統計堅調でドル上昇、ユーロは軟調な独指標が圧迫=NY市場

ニューヨーク外為市場では米雇用統計が堅調だったこと受け、ドル指数が2週間半ぶりの水準に上昇した。

07/06 06:20

米雇用統計堅調でドル上昇、ユーロは軟調な独指標が圧迫=NY市場

ニューヨーク外為市場では米雇用統計が堅調だったこと受け、ドル指数が2週間半ぶりの水準に上昇した。

07/06 05:51

米6月雇用統計22.4万人増、賃金上昇緩やか 7月利下げ既定路線か

米労働省が5日発表した6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数の伸びが大幅に回復したが、賃金上昇率は緩やかだった。急速な経済減速を示す指標が相次いでおり、今月の利下げは依然として既定路線とみられている。

07/05 16:12

ドル107円後半、米雇用統計待ちで小動き

午後3時のドル/円は、前日東京市場午後5時時点に比べ若干ドル高/円安の107円後半。米国の休日明けで6月の雇用統計を控えた週末とあって、取引は低迷した。市場では、今夜発表される米雇用統計が弱い労働市場を裏書きし、米連邦準備理事会(FRB)の利下げを正当化するとの見方が広がっているが、サプライズがあれば週明けの東京市場での相場変動が拡大する余地がある。

07/05 12:17

正午のドルは107円後半、値幅わずか上下9銭

正午のドルは前日東京市場の午後5時時点とほぼ変わらずの107円後半。米国の休日明けで雇用統計の発表を控えた週末とあって、取引は停滞。午前のドルの値幅は107.79─107.88円と上下わずか9銭だった。

07/05 12:17

正午のドルは107円後半、値幅わずか上下9銭

正午のドルは前日東京市場の午後5時時点とほぼ変わらずの107円後半。米国の休日明けで雇用統計の発表を控えた週末とあって、取引は停滞。午前のドルの値幅は107.79─107.88円と上下わずか9銭だった。

07/04 18:12

東京マーケット・サマリー(4日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/04 06:09

ドル/円が1週間ぶり安値、米債利回り低下で=NY市場

終盤のニューヨーク外為市場では、ドル/円が1週間ぶりの安値を付けた。米債利回りの低下や米中通商協議を巡る楽観的な見方の後退が重しとなった。

07/03 18:22

東京マーケット・サマリー(3日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/03 12:21

正午のドルは107円半ば、1週間ぶり安値 円堅調

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の107円半ば。一時107.54円まで売られ、6月26日以来1週間ぶり安値を更新した。

07/02 18:16

東京マーケット・サマリー(2日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/02 15:15

ドル108円前半で円安一服、中国規制緩和は期待外れ

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の108円前半だった。週末の米中首脳会談を経て強まったリスクオンムードと円安は早くも一服。ドルは108円前半から半ばで上下する展開が続いた。

07/02 13:23

正午のドルは108円前半、ユーロは12日ぶり安値

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(108.43/46円)とほぼ変わらずの108.42円付近。

07/01 18:30

東京マーケット・サマリー(1日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/01 15:22

ドル108円前半、一時1週間半ぶり高値

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から円安の108円前半。一時108.51円まで上昇し、6月19日以来1週間半ぶり高値をつけた。週末の米中首脳会談で両国の対立ムードがやや緩和したとして、リスクオンムードが強まった。

07/01 13:12

焦点:短観で鮮明な企業の様子見、需給に緩み 為替次第で下振れも

米中貿易協議の決裂が回避され、市場や企業関係者には「安堵感」が広がっているものの、1日に公表された全国企業短期経済観測調査(日銀短観)では、先行きの不透明感を背景に企業の「様子見」姿勢が鮮明となっている。また、国内外での需給の緩みが示されたほか、為替円高への警戒感も根強く、企業収益やマインドの下振れ懸念は依然として残っている。

07/01 12:17

正午のドルは108円前半、米中会談受けたリスク選好の円安失速

早朝の取引では、米中首脳会談の結果やサプライズの米朝首脳会談を受けてリスク選好の円安が進み、ドルは一時108.51円まで上昇した。

06/28 18:15

東京マーケット・サマリー(28日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

06/28 12:32

正午のドルは107円後半、米中首脳会談控えロングの巻き戻し

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場終盤に比べ、若干ドル安/円高の107.62/64円。

06/27 18:14

東京マーケット・サマリー(27日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

06/27 12:36

正午のドルは108円付近、米中対立緩和期待で円じり安

正午のドルは前日NY市場終盤の水準からドル高/円安の108円付近。米中が貿易戦争の一時停戦で合意したとの報道を受けて、円がじり安となった。

06/26 18:22

東京マーケット・サマリー(26日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

06/26 16:06

ドル107円半ば、米金利高で買い戻し

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からドル高の107円半ば。米10年債利回りが2%台を回復したことなどを受けて、東京市場でもドルは堅調。一時107.50円まで切り返した。

06/25 18:17

東京マーケット・サマリー(25日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

06/25 15:45

ドル一時106.78円まで下落、5カ月半ぶり安値

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高の107円付近。一時106.78円まで売られ、今年1月3日以来5カ月半ぶり安値をつけた。

06/25 12:18

正午のドルは107円前半、きょうにも107円割れ試す公算大

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の107.02/04円。