11/19 18:11

東京マーケット・サマリー(19日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/19 12:43

正午のドルは108円後半、クロス円の下げで円高局面も

正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の108.62/64円。

11/18 18:58

東京マーケット・サマリー(18日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/18 18:58

東京マーケット・サマリー(18日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/18 12:44

正午のドルは108円後半、手掛かり材料乏しく一進一退

正午のドル/円は、15日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の108.80/82円。

11/15 19:02

東京マーケット・サマリー・最終

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/14 11:51

豪10月就業者数、3年ぶりの大幅減 追加刺激策の必要性一段と

オーストラリア連邦統計局が発表した10月の雇用統計は、就業者数が前月比1万9000人減と、市場の増加予想に反して減少。減少幅は2016年終盤以来、3年ぶりの大きさを記録した。フルタイム就業者数は1万0300人減だった。失業率は5.3%で予想と一致したものの、9月の5.2%からやや上昇した。

11/13 18:14

東京マーケット・サマリー・最終

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/12 18:39

東京マーケット・サマリー・最終

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/12 12:24

正午のドルは109円前半、香港情勢を引き続き注視

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ若干ドル高/円安の109.13/15円。

11/11 18:43

東京マーケット・サマリー・最終

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/08 18:26

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/08 15:50

ドル109円前半、5カ月ぶり高値から反落

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の109円前半。米長期金利の反落を眺めつつ、ドルも前日付けた5カ月ぶり高値から反落した。米中通商協議に関する新たなヘッドラインがないなかで、109円台では上値の重さが意識された。

11/07 15:39

ドル108円後半、クロス円の下落で上値が重い

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の108円後半。米中通商協議で第1段階の合意の署名が12月にずれ込む可能性があるとのロイター報道を受けたリスク回避地合いのもと、クロス円が下落し、ドル/円の上値を抑えた。

11/06 18:26

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/06 12:19

正午のドルは109円付近、人民元高が円安支援

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の109円前半。前日海外では円が軟調だったが「結局、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の高値付近へ、数日ぶりに値を戻しただけ」(トレーダー)といい、方向感が定まっていない状況だという。

11/06 10:53

追加緩和手段を議論、「あらゆる可能性存在」=9月日銀会合議事要旨

9月18─19日に開催された日銀金融政策決定会合で、追加緩和手段について議論されていたことが6日、日銀が公表した議事要旨で明らかになった。1人の委員が、長短金利・量・質のすべての面で日銀の金融政策に手詰まりはなく、あらゆる可能性が常時存在していることを強調する情報発信を行うことが重要と指摘した一方で、別の委員は追加緩和策としては短期政策金利の引き下げが適当と主張した。

11/05 18:12

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/02 01:24

米雇用統計、10月は12.8万人増 GMスト影響も予想上回る

米労働省が1日発表した10月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月から12万8000人増加した。自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のストライキの影響で、伸びは前月から鈍化したものの、市場予想の8万9000人増を上回った。

11/01 23:06

米、来年6月までの金利据え置き確率上昇 底堅い雇用統計で

10月の米雇用統計が予想よりも底堅かったことを受け、米短期金利先物が下落。CMEグループのFEDウオッチによると、市場では来年6月までの金利据え置き確率が上昇した。

11/01 18:21

東京マーケット・サマリー(1日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

11/01 12:21

正午のドルは108円付近、一時3週間ぶり安値

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(108.02/05円)とほぼ同水準の108.04/06円。

10/31 18:30

緩和方向を意識した政策運営行うスタンス、明確にした=日銀総裁

日銀の黒田東彦総裁は31日、金融政策決定会合後に記者会見し、政策金利の先行きの指針となるフォワードガイダンスを見直した理由について「緩和方向を意識した政策運営を行うという日銀のスタンスを明確にすることを目的にした」と説明した。ただ、具体的な追加緩和策については言明を避けた。

10/31 18:27

東京マーケット・サマリー(31日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/31 12:25

正午のドルは108円後半、日銀決定会合の結果待ち

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(108.83/86円)に比べ、小幅にドル安/円高の108.67円付近。

10/30 18:13

東京マーケット・サマリー(30日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/30 12:14

正午のドルは108円後半、人民元基準値は2カ月超ぶりの元高

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(108.87/90円)とほぼ同水準の108.86円付近。ドルは早朝の高値108.90円から、仲値公示前に108.81円まで下落して午前の安値をつけたが、その後は切り返して108.88円まで反発した。五・十日に伴う実需の売買が値動きの背景とみられる。

10/29 18:22

東京マーケット・サマリー(29日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/29 12:47

正午のドルは108円後半、109円台に乗せるも滞空時間短い

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(108.94/97円)とほぼ同水準の108.97/99円。

10/28 19:13

東京マーケット・サマリー(28日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/26 04:38

米GMスト、10月の非農業部門雇用者数4.6万人押し下げも=労働省

米労働省が11月1日に発表する10月の雇用統計について、自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のストの影響で非農業部門雇用者数が少なくとも4万6000人押し下げられる可能性があることが、労働省が25日に公表した報告書で明らかになった。

10/24 18:39

東京マーケット・サマリー(24日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/23 18:16

東京マーケット・サマリー(23日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/21 18:26

東京マーケット・サマリー(21日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/21 12:09

正午のドルは108円半ば、円高進行は限定的

正午のドルは前週末NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの108円半ば。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題の不透明感を警戒する形で、早朝の取引で一時108.28円まで下落。1週間ぶり安値を更新したが、その後は下げ渋った。

10/18 18:27

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/18 13:27

焦点:斜陽のドル/円、取引減止まらず 値動き乏しく魅力低下

為替市場でドル/円の存在感が低下している。取引高は依然としてユーロ/ドルに次ぐ第2位だが、最近の調査では主要通貨間で唯一、減少傾向に歯止めがかかっていないことがわかった。主因と考えられているのは、値動きの悪さ。今年も年間値幅が過去最低を更新する見通しであるなど動きが乏しく、投資対象としての魅力が低下。投資の減少が値動きを抑制するという循環に陥っている。

10/17 18:46

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/16 12:14

正午のドルは108円後半、クロス円の下落に連れ安

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108.68円付近。前日大幅高となった英ポンド/円やユーロ/円などがこの日は反落に転じたことで、ドル/円も足を引っ張られ、仲値公示を挟んで2回、108.60円の安値をつけた。

10/16 00:31

マイナス金利政策、日銀には慎重さ求めたい=藤原みずほ銀頭取

みずほ銀行の藤原弘治頭取はロイターとのインタビューで、日銀が2016年1月に追加緩和策として導入を決めたマイナス金利政策を巡って「副作用が効果を上回っていないかは、これまで以上に慎重に吟味する必要がある」と語った。政策余地が限られる現状では「(金利の)深掘りに慎重さを求めたい」との認識も、併せて示した。

10/15 18:21

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/15 18:21

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/11 18:32

東京マーケット・サマリー(11日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/11 18:32

東京マーケット・サマリー(11日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/11 15:30

ドル108円付近、10日ぶり高値から反落

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の108円付近。米中閣僚級通商協議1日目の交渉は極めて良好だったとのトランプ米大統領の発言や実需のドル買いを受け、ドルは10日ぶり高値となる108.13円まで上昇した。しかし、108円台では実需の売りや戻り売りが優勢となり押し戻された。

10/10 18:12

東京マーケット・サマリー(10日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/09 18:15

東京マーケット・サマリー(9日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/09 15:39

ドル107円前半、米中通商協議の行方に関心

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ若干ドル高/円安の107円前半。市場の関心は10日から始まる閣僚級の米中通商交渉の行方に注がれているが、足元で米国が中国による人権弾圧を問題視して措置を講じていることもあり、警戒感が広がっている。

10/08 18:24

東京マーケット・サマリー(8日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

10/08 12:42

正午のドルは107円前半、米中協議結果待ちで方向感に乏しい

正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の107.36/38円。多くの市場参加者が10―11日にワシントンで開かれる閣僚級の米中通商協議の結果待ちとなる中、ドル/円は方向感に乏しい値動きとなった。