09/20 12:33

正午のドルは107円後半、円高続かず

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の107円後半。米連邦公開市場委員会(FOMC)後に強まったドル高は一服となり、売買が交錯した。

09/20 11:49

金融政策、日銀が決めること=マイナス金利深掘り観測で財務相

麻生太郎財務相は20日午前、閣議後の会見で、日銀の追加緩和策としてマイナス金利の深掘り観測が市場で浮上していることについて、金融政策は日銀が決めることで「日銀の前日の金融政策決定会合で聞くべきことだ」と述べた。

09/18 18:30

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/18 12:34

正午のドルは108円前半、米長期金利の持ち直しなどで小じっかり

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル高/円安の108.25/27円。

09/18 12:34

正午のドルは108円前半、米長期金利の持ち直しなどで小じっかり

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル高/円安の108.25/27円。

09/17 18:48

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/13 18:33

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/13 16:15

ドル108円前半、1ヵ月半ぶり高値圏で伸び悩み

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の108円前半。ドルは米中対立の緩和などを背景に一時108.26円と1カ月半ぶり高値をつけたが、午後の取引では3連休を控えた調整的な売りが先行して伸び悩んだ。

09/13 12:16

正午のドルは108円前半、1カ月半ぶり高値

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅円安の108円前半。一時108.26円まで上昇し、8月1日以来約1カ月半ぶり高値をつけた。連休を控えた実需の売買に加え、米中対立の緩和期待などから円が売られやすくなっている流れも続いた。

09/12 18:11

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/12 07:28

NY市場サマリー(11日)

<為替> ユーロが対ドルで下落し1週間ぶりの安値を付けた。あすの欧州中央銀行(ECB)理事会では追加緩和策の採択がほぼ確実視されている。[nL3N2610DS]

09/12 06:05

ユーロが1週間ぶり安値、あすのECB追加緩和織り込む=NY市場

ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで下落し1週間ぶりの安値を付けた。あすの欧州中央銀行(ECB)理事会では追加緩和策の採択がほぼ確実視されている。

09/11 18:30

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/11 16:09

ドル107円後半で6週間ぶり高値、クロス円も上昇

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の107円後半。米中対立や英国の合意なき欧州連合(EU)離脱に対する懸念の後退でリスク回避ムードが緩和し、米長期金利が反発したことで、ドルは6週間ぶりの高値をつけた。

09/10 18:38

再送-東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/10 15:48

ドル一時107.50円、1ヵ月ぶり高値

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の107円前半。午前に一時107.50円まで上昇し、8月2日以来1カ月ぶり高値をつけた。米中対立の緩和期待が短期的な円買いの解消を誘っているという。

09/10 12:21

正午のドルは107円前半、実需の買いなどで1カ月ぶり高値

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(107.23/26円)に比べ、若干ドル高/円安の107.38円付近。

09/09 19:10

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/09 19:10

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/09 15:29

ドル106円後半、1ヵ月ぶり高値圏でもみあい

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの106円後半。週明け取引は目立った手がかりがなく、売買が交錯。主要通貨はもみあいとなった。

09/07 06:39

NY市場サマリー(6日)

<為替> ドルが主要通貨に対してやや下落した。8月の米雇用統計の内容が強弱入り混じる内容となったことで米景気拡大が減速しているとの見方が裏付けられ、連邦準備理事会(FRB)が一段の利下げに動くとの観測が強まったことが背景。

09/07 06:35

ドル小幅安、FRB議長発言で利下げ観測強まる=NY外為

ニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対してやや下落した。8月の米雇用統計の内容が強弱入り混じる内容となったことで米景気拡大が減速しているとの見方が裏付けられ、連邦準備理事会(FRB)が一段の利下げに動くとの観測が強まったことが背景。

09/07 00:15

米雇用統計、8月は予想下回る13万人増 賃金の伸びは拡大

米労働省が6日発表した8月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数の伸びが13万人と、市場予想の15万8000人を下回った。小売業が7カ月連続で落ち込み、雇用全体の足を引っ張った。一方、賃金は前月比の伸びが拡大するなど明るさも見られた。

09/06 18:12

東京マーケット・サマリー(6日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/06 15:52

ドル107円付近、米雇用統計とFRB議長講演待ち

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の107円付近。市場参加者は米雇用統計と米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演待ちで、ドル/円は方向感に乏しく、値動きは緩慢だった。

09/06 15:52

ドル107円付近、米雇用統計とFRB議長講演待ち

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル高/円安の107円付近。市場参加者は米雇用統計と米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演待ちで、ドル/円は方向感に乏しく、値動きは緩慢だった。

09/06 12:45

正午のドルは107円前半、円安一服

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の107円前半。一時107.10円まで上昇したが、前日海外でつけた1カ月ぶり高値には届かず、円売りは一服となった。

09/06 12:45

正午のドルは107円前半、円安一服

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の107円前半。一時107.10円まで上昇したが、前日海外でつけた1カ月ぶり高値には届かず、円売りは一服となった。

09/05 18:27

東京マーケット・サマリー(5日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/04 18:23

東京マーケット・サマリー(4日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/04 15:40

ドル106円付近、英ポンド反発は続かず

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の106円付近。市場の関心が集中している英ポンドの反発は早くも一服し、売買が交錯した。

09/04 12:35

ドル106円付近、米長期金利は若干持ち直し

米長期金利が前日から持ち直したことで、ドル/円相場にはプラスに作用したが、前日発表された米指標が弱かったため、ドル買い機運は盛り上がらなかった。

09/03 18:11

東京マーケット・サマリー(3日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/03 18:11

東京マーケット・サマリー(3日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

09/03 15:21

ドル106円前半、英ポンド2年8カ月ぶり安値

午後3時のドル/円は、前日東京市場の午後5時時点と変わらずの106円前半。米国の休場明けで手掛かり難が続いた。前日に大きく下落した英ポンドが引き続き軟調だった。

09/03 12:16

正午のドルは106円前半、英ポンド続落

正午のドル/円は、前日の東京市場午後5時時点(106.25/27円)に比べ、若干ドル高/円安の106.37/39円。

09/01 08:28

アングル:トランプ政権がドル高是正介入に動く可能性とその効果

トランプ米大統領にとって、ドルの強さはずっと頭痛の種であり続けている。このため従来ほぼあり得ないとみなされてきた米政府による為替介入のシナリオが、外国為替市場関係者の間で話題に上ってきた。

08/30 18:25

東京マーケット・サマリー(30日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/30 18:25

東京マーケット・サマリー(30日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/30 15:32

ドル106円前半、調整売りや米長期金利低下受け下落

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の106円前半。月末の実需筋の売買をこなしたドルは一旦106円半ばまで強含んだが、午後に入って米長期金利の低下に連れ安となったほか、北米市場の3連休を控えた調整売りにも押された。

08/29 18:17

東京マーケット・サマリー(29日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/29 18:17

東京マーケット・サマリー(29日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/29 12:27

正午のドルは105円後半、実需の売りや米長期金利低下でじり安

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の105.90/92円。

08/29 08:38

米国、現時点で為替介入の意向ない─財務長官=BBG

ムニューシン米財務長官は28日、米国は現時点で外為市場に介入する意向はないと述べた。ブルームバーグ・ニュースが報じた。

08/28 18:20

東京マーケット・サマリー(28日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/28 18:20

東京マーケット・サマリー(28日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/27 18:17

東京マーケット・サマリー(27日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/27 15:38

ドル105円後半、人民元は連日11年半ぶり安値更新

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル安/円高の105円後半。きょう27日は輸出企業によるドル売りがドルの上値を抑えたほか、米長期金利の低下が進んだことで、ドルはじり安の展開となった。米国の対中制裁関税第4弾の発動を5日後に控えた人民元は11年半ぶり安値を更新した。

08/27 12:18

正午のドルは105円後半、米中通商交渉進展への期待は後退

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点(106.12/15円)に比べ、ドル安/円高の105.75円付近。

08/26 18:38

東京マーケット・サマリー(26日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>