08/23 18:16

東京マーケット・サマリー(23日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/23 15:27

ドル106円後半、FRB議長の講演待ち

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の106円後半。ドルは実需の買いや米長期金利の持ち直しなどに支えられ底堅かった。市場はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がワイオミング州ジャクソンホールの年次経済シンポジウムで行う講演待ちとなっている。

08/22 18:22

東京マーケット・サマリー(22日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/22 16:03

ドル106円前半、FOMC議事要旨消化しじり安

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル安/円高の106円前半。きょう22日は米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨の内容を消化しつつ、ドルはじり安の展開となった。また、クロス円での円の買い戻しがドル/円の上値を抑えた。

08/21 18:15

東京マーケット・サマリー(21日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/21 15:57

ドル106円半ば、円高一服

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の106円半ば。海外市場で緩やかに進んだ円高は一服。ドルは106.55円まで切り返した。

08/21 12:15

正午のドルは106円半ば、米長期金利の持ち直しで

正午のドル/円はニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の106.47/49円。

08/20 18:26

東京マーケット・サマリー(20日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/20 12:21

正午のドルは106円半ば、下げ渋る一方で上値も追えず

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の106.56/58円。

08/19 18:23

東京マーケット・サマリー(19日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/19 15:57

ドル106円前半で一進一退、米中対立が焦点

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの106円前半。週明け取引は特段の手がかりもなく、主要通貨は全般横ばい。トランプ米大統領が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の輸出禁止規制の猶予期間延長について、どう判断するかが関心を集めている。

08/19 12:15

正午のドルは106円前半、実需の買い一巡後に反落

正午のドル/円は、16日のニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の106.31/33円付近。

08/16 18:14

東京マーケット・サマリー(16日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/16 16:32

来週のドルは105―107円の見通し、FRB議長講演控え動きにくい

来週の外為市場でドル/円は、23日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長講演を控えて、落ち着きどころを探る展開となりそうだ。ドルと円が共に強く「力比べ」となる中、105円台では買い、107円が迫ると売りという最近のパターンが踏襲される可能性が高い。

08/15 18:17

東京マーケット・サマリー(15日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/15 12:31

正午のドルは105円後半、円高一服も上値重い

正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの105円後半。急速な円高は一服となったが、ドルの上値が重い展開は続き、一時105.74円まで下落した。

08/14 18:09

東京マーケット・サマリー(14日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/14 15:26

焦点:堅調な設備投資に足元で強まる逆風、輸出と投資の悪循環も

14日発表の6月機械受注統計では、企業の設備投資意欲が非常に底堅く、貿易摩擦の影響をさほど受けていないことが確認された。しかし、米国による対中追加関税や円高など、7月以降の経済環境の変化は、投資意欲に水を差しかねない。国内だけでなく世界的な投資の停滞は、資本財のウエートが高い日本の輸出に打撃となり、投資と輸出が同時に下押しされかねない懸念も浮上する。

08/14 15:18

ドル106円前半、弱い中国指標で一時円買い

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ小幅にドル安/円高の106円前半。一連の中国経済指標が軒並み弱い結果となったことで、一時リスク回避の円買いが誘発されたものの、106円割れは免れた。市場ではショートカバーに先導された前日海外市場でのドル急反発はやや行き過ぎとの認識が広がった。

08/13 18:19

東京マーケット・サマリー(13日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/13 18:19

東京マーケット・サマリー(13日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/13 15:39

ドル105円前半、急落回避も上値重い

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の105円前半。連休中、円が瞬間的に暴騰する「フラッシュ・クラッシュ」の発生を免れ、休み明けの東京市場は実需を中心に買いが先行。105.58円まで反発した。

08/13 15:39

ドル105円前半、急落回避も上値重い

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の105円前半。連休中、円が瞬間的に暴騰する「フラッシュ・クラッシュ」の発生を免れ、休み明けの東京市場は実需を中心に買いが先行。105.58円まで反発した。

08/13 12:10

正午のドルは105円半ば、実需の買いで安値から反発

正午のドル/円は、ニューヨーク市場の午後5時時点(105.29/32円)に比べ小幅にドル高/円安の105円半ば。ユーロは118円前半。

08/13 07:23

NY市場サマリー(12日)

<為替> 主要6通貨に対するドル指数がおおむね横ばいで推移したほか、円高が進んだ。全般的に夏枯れ相場となる中、様子見ムードが根強かった。

08/13 06:21

円高進行、ドル指数横ばい 夏枯れ相場で様子見も=NY市場

ニューヨーク外為市場では、主要6通貨に対するドル指数がおおむね横ばいで推移したほか、円高が進んだ。全般的に夏枯れ相場となる中、様子見ムードが根強かった。

08/09 18:17

東京マーケット・サマリー(9日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/09 15:55

ドル105円後半、人民元下げ渋りでもみあい

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の105円後半。米中対立に対する思惑に一喜一憂する形で、朝安後に切り返すなど売買は交錯した。

08/09 15:55

ドル105円後半、人民元下げ渋りでもみあい

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の105円後半。米中対立に対する思惑に一喜一憂する形で、朝安後に切り返すなど売買は交錯した。

08/08 18:17

東京マーケット・サマリー(8日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/08 15:44

ドル106円前半、人民元高で不安やや沈静

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の106円前半。中国人民元が小幅ながら上昇したことで、通貨安戦争への警戒感がやや落ち着く形で、円も静かな動きとなった。

08/07 18:18

東京マーケット・サマリー(7日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/07 15:45

ドル106円前半、NZドル急落で円堅調

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高の106円前半。一時105.93円まで売られるなど、前日に進んだ円安は一服となった。NZドルの急落が円を押し上げた面もあった。

08/07 12:27

正午のドルは106円前半、元安とNZドル安で市場心理悪化

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の106円前半。正午過ぎに105.93円までさらに下落した。

08/06 18:35

東京マーケット・サマリー(6日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/05 18:24

東京マーケット・サマリー(5日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/05 15:27

ドル一時105.78円、7カ月ぶり安値 元急落で円全面高

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から大幅安の105円後半。一時105.78円まで売られ、1月3日以来7カ月ぶり安値を更新した。米中対立への懸念から円が全面高となっている。

08/05 15:27

ドル一時105.78円、7カ月ぶり安値 元急落で円全面高

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から大幅安の105円後半。一時105.78円まで売られ、1月3日以来7カ月ぶり安値を更新した。米中対立への懸念から円が全面高となっている。

08/03 03:38

米雇用統計、7月は16.4万人増に減速 賃金は緩やかに上昇

米労働省が2日発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数の伸びが鈍化する一方、賃金は緩やかに上昇した。米中貿易摩擦の高まりと共に来月の追加利下げの追い風となる可能性がある。

08/03 03:38

米雇用統計、7月は16.4万人増に減速 賃金は緩やかに上昇

米労働省が2日発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数の伸びが鈍化する一方、賃金は緩やかに上昇した。米中貿易摩擦の高まりと共に来月の追加利下げの追い風となる可能性がある。

08/03 00:51

米追加利下げ観測変わらず、雇用統計底堅くも貿易摩擦懸念くすぶる

2日発表された7月の米雇用統計は予想と概ね一致する雇用の伸びを示したものの、米短期金融市場では、連邦準備理事会(FRB)が米中貿易摩擦悪化の影響軽減に向け、9月に追加利下げを実施するとの観測を維持している。

08/03 00:51

米追加利下げ観測変わらず、雇用統計底堅くも貿易摩擦懸念くすぶる

2日発表された7月の米雇用統計は予想と概ね一致する雇用の伸びを示したものの、米短期金融市場では、連邦準備理事会(FRB)が米中貿易摩擦悪化の影響軽減に向け、9月に追加利下げを実施するとの観測を維持している。

08/02 18:21

東京マーケット・サマリー(2日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/02 15:42

ドル一時106円台、トランプ氏の対EU発表に関心

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて、小幅にドル安/円高の107円前半。トランプ米大統領が3000億ドル相当の中国製品に対し10%の追加関税を9月1日から課すと発表し、海外市場でドルが対円で売られた流れを引き継ぎ、ドルは一時106.85円と約1カ月ぶり安値をつけた。売りが一巡した午後の取引では小幅に反発した。

08/01 18:08

東京マーケット・サマリー(1日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

08/01 15:24

ドル109円前半、英ポンドやユーロは2年超ぶりの安値

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の109円前半。米連邦公開市場委員会(FOMC)での25ベーシスポイント(bp)の利下げ決定を経た東京市場で、ドルは一時109.32円と2カ月ぶりの高値をつけた。ドルがほぼ全面高となるなか、英ポンドは2年半ぶり、ユーロは2年3カ月ぶり安値をつけた。

07/31 18:36

東京マーケット・サマリー(31日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/30 18:16

東京マーケット・サマリー・最終(30日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

07/30 12:18

正午のドルは108円後半、日銀が物価と成長率見通しを引き下げ

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点(108.77/80円)に比べ、若干ドル安/円高の108.71/73円。

07/29 18:19

東京マーケット・サマリー・最終(29日)

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>